新PC奮闘記

弟がHDD吹っ飛ばしたのを機に完全に新しい構成のPCを購入したので、それまで使っていたPCを譲ってもらった(お下がりにもかかわらず俺が今まで使っていたマシンよりよっぽど高性能なあたりさすがゲーマー)。新品のHDDを発注して届いたのが今日。一通りの設定とアップデート、必要なアプリケーションのインストールを終えて、ようやく使えるようになった……が、これを書き始めた現在時刻は1:26。HDDが届いたのはだいたい16:30だったので、長い長い長い長い道のりだった。もう二度とやりたくない。
 
届いたHDDを浮かれた手つきでケースに組み込み、WindowsのインストールCDを突っ込んで待つこと数分。この時点では、どんなに遅くなっても6時くらいに全部設定終わらせて幸せタイムを満喫してるかなーくらいの予想だった。必要なファイルをCDから読み終わり、いざWindowsのインストールを『きしゅーん↓↓』きしゅーん?
PCの。電源が。落ちた。
これがケチの付き始めで、このあと何度やってもWindowsのインストールまで進めない。いざHDDに書き込みという段になって毎回落ちるので、PCの電源不足を疑い、即座に「いやそれはねえよ」とセルフ却下。どんな光学ドライブとHDDを使えば550Wの電源で足りなくなるというのか。しかし皆無に等しいPC知識を懸命にさらった結果としては、やはり電源周りのトラブルであることを予想(BIOSが飛んでるとそもそも起動すらあやしい。光学ドライブ故障は途中まで正常に読んでるのでおそらく違う、新品のHDDの初期不良の線は見なかったことにする)。
この時点で現実逃避ルートは諦め、問題の切り出しにかかる。まずはケースを開けて内部清掃、しかるのちに再度きちんと全面的に配線をし直し、電力消費を1Wでも減らすべく最低限のデバイス以外はボードから引っこ抜く。さらば得体のしれないサウンドカードにビデオキャプチャカード。多分もう使わない。
そうして再度のWindowsインストールを敢行。結果は──先に進んだ!やれやれこれで一安心、と椅子に座ってゆるりと文庫本を開き、
 
きしゅーん↓↓↓
 
なんでやねん。
ともあれ状況は進展した。効果があったのは掃除なのかいらんカード引き抜いた事かはわからないけれど、とにかく先には進んだ。もしかしてもう一回やったらいけたりしないだろうかという甘えを込めて再度インストールしたらHDD読み込み途中にきしゅーん。いい加減にしろ。
ここでインストール途中に何度も電源断したことに不安になり、旧PCの3.5インチベイから引きずりだしたFDDドライブを、新PCのマザー上に偶然見つけたFDDコネクタに接続。フロッピーでDOS起動ディスクをブートしてFDISKフォーマット……を掛けようとしたらFDDの電源形状が古過ぎて新PCから電源が取れなかった。仕方ないので電源だけは旧PCから取って、

こうなった。
 
……おかしい。今日の昼まで俺がイメージしていた「イマドキのかしこくてラクチンなPCセットアップ」と異様なまでにかけ離れている。クソデカくて重たいタワーケースを2台も持ち上げたり下ろしたり開けたり閉めたり倒したりし続けて、冷房を効かせた部屋にもかかわらず汗がじわりと滲む。賽の河原のような終わりの見えない同じ作業の繰り返しでもはや心は折れかけている。もう10回以上繰り返した、慣れた手つきでPCのサイドパネルを閉めようとして──ふと、頭を何かが掠めた。目の前にあるのは、もう見たくもないほど隅々まで凝視したPCケース内部、に散乱する、FDD電源を探してごちゃついた、電源ユニットから伸びるケーブルの、束。
直感に任せるまま光学ドライブとHDDからそれまで繋がっていた電源ケーブルをぶち抜き、未使用のケーブルに接ぎ替える。荒々しくパネルを閉じ、神速で配線を済ませていく。WindowsのインストールCDを震える手で光学ドライブに載せ──
 
──ミッションコンプリート!!いや実はこの後PCから音が出ない(お約束)とかWindowsUpdateが死んでる(お約束)とか細かいトラブルはあったのだけれど、もう書き始めから1時間経ってるのでこのへんで。それにしても気づけるわけねえだろユニットは生きてるけどケーブルは死んでるとか。何が起こるかわかりませんね自作PC道。値段スペック比は優れてるけど、知識の無い人間(例:俺)には絶望的に向かない事が痛いほどにわかった。次にPCを買う時は大人しくBTOの品にしよう。前のPC8年くらい使ってたから、次も8年くらい先になりそうな気がしないでもないが。