EDH バルソー雑感

なんだか局所的に流行っているらしいバルソーをサブデッキとして組んでみたが流石にカード足りない感が強い。リストはこれ(TeamY's)

Balthor the Defiled / 汚らわしき者バルソー (2)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー − ゾンビ・ドワーフ
 
ミニオン・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
(黒)(黒)(黒),汚らわしき者バルソーを追放する:各プレイヤーは、自分の墓地にあるすべての黒のクリーチャー・カードとすべての赤のクリーチャー・カードを戦場に戻す。
2/2

ハングアウトEDHで使われた記憶から起こした不完全なレシピ構築なので必須級の代物が入ってないかも。
基本的な立ち回りはソリティア眺めてたからだいたいわかってたつもりだけど、いざ回すとチェインループ繋がるかどうかすげえ微妙なラインでやらなきゃいけないのなこのデッキ。掘る力が足りてないと感じることが多かったので、次の課題はそこかなー。
以下個別のカード雑感。

マナ生物

《ギックスの僧侶》《熱心すぎる弟子》《基底スリヴァー》《血の臣下》あたり。何故かバルソーをカツカツなマナベースからぶっぱなしただけのすっからかんな場から黒マナが補充される。頭がおかしい。バルソーがソリティアデッキになる要因その1。黒ミケウスがいると倍出てくる。頭がおかしい。ハンドの生物を墓地に送りつつ3マナも出る《熱心すぎる弟子》が特にやばい。つよい。

《絞り取る悪魔》《狂気の祭壇》

バルソーループの根本ムーブは「バルソーの起動→場に出たクリーチャーを適当に処理して墓地に落とす→次のバルソー」。この2番目の「場に出た生物を処理」の過程でこれがあると墓地がものすごい勢いで肥える。結果ループを進めるほど出てくる生物が増える。バルソーがソリティアデッキになる要因その2。

《隻眼の将軍 夏侯惇

一切のマナ消費なしに墓地の黒カードならなんでも回収できる脅威の汎用性。その汎用性もさることながら真にやばいのは生物という点で、バルソーを起動すると帰ってくる。こいつや《ルーン傷の悪魔》が回り始めると、リソースを吐き散らしながらループを続けているはずなのに何故か墓地も手札もすごい勢いで充実していくことに。

《Songs of the Damned

バルソーデッキの核。1マナがいきなり12マナとかに増えるのでマナが詰まったところから強引に継続可能。夏侯惇で戻すのはだいたいこれ。

だいたいこいつら(あと適当に生物とフィニッシャーの《アスフォデルの灰色商人》)さえいれば他のカードはなんでもいいあたり実は構築自由度は高いのかもしれない。ただし構築の自由度が高くても動きはだいたい同じになる。