第一回EDHカード紹介: 《不断の霞/Constant Mists》

何やらEDHで使う変なカードについて言及解説するのが流行のようだ。というわけで俺からも一つ ゴミ お勧めカードを紹介しておこう。

Constant Mists / 不断の霞 (1)(緑)
インスタント
 
バイバック ─ 土地を1つ生け贄に捧げる。
このターンに与えられるすべての戦闘ダメージを軽減する。

概要

1マナ増えてバイバックの付いた《濃霧》。だがこのバイバックコストは本来後半余り気味の土地を投げて盤面のコントロールを確立するためのものだ。ゲームスピード、ひいてはキルターンが早くなりがちなEDHにおいてはセットランド1回の権利はあまりに重く、複数回唱えられるメリットなどあってないようなものだ。
そもそもの前提として、これは60枚構築ライフ20のMtGではない。普通の対戦であればゲームを彩る数々の要素の中でもコンバットはかなりの上位に来るだろうが、これはEDHなのだ。ライフは飾り、コンボでゲームエンドという結末も多々あるEDHにおいて、果たして《濃霧》などというものが活躍する余地は残されているのか?
 
ここに断言しよう。
ある。
あるのだ。
 
先程の発言と矛盾するようだが、たとえEDHであろうが、たとえライフが40であろうが、たとえプレイヤーが4人いようが、MtGにおけるコンバットの重要性は依然として高い。思いつくままに列挙するだけでも、無限トークン、《孔蹄のビヒモス》によって膨れ上がったエルフや植物達、《エドリック》や《デリーヴィー》が齎す圧倒的なアドバンテージ、《裂け目の突破》に助けられた《荒廃鋼の巨像》シュート、突然の《憎悪》……「コンボ要素が絡んだコンバット」によって、いとも容易く人は死んでしまう。だが《不断の霞》はそんな場面でこそ輝くナイスカードだ。コンボを凌ぐにはカウンターを放つのが常套手段だが、このカードはそれと同等の効果を齎してくれる。
そしていくらコストが重く見えようとも、このカードは複数回の使い回しという素晴らしき能力を内蔵しているのだ。是非ともエドリックと相対して、毎ターン攻撃をスカしてあげよう。心底嫌な顔をされること請け合いだ。

応用

さて、《濃霧》がEDHでも使いでがあるカードであることをつらつらと書いてきた。ならば次は《不断の霞》でなければできない事を考えよう。

バイバック ─ 土地を1つ生け贄に捧げる。

1マナ重くなった代償として得たバイバック。いくら重かろうがあるとないとで大違い、あるというそれだけで素晴らしいことなのだ──などと前項で述べはしたものの、やはりできれば悪用したいもの。ただ追加のマナを払うだけではない、特殊なコストであるなら尚更だ。土地を要求するカードの常として、《世界のるつぼ》や《壌土からの生命》が素晴らしき相方になることは少しMtGに触れたなら容易に連想しうるところだが、今回は更に一歩進んでみよう。

Titania, Protector of Argoth / アルゴスの庇護者、ティタニア (3)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー ─ エレメンタル
 
アルゴスの庇護者、ティタニアが戦場に出たとき、あなたの墓地にある土地カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
あなたがコントロールする土地が1つ戦場から墓地に置かれるたび、緑の5/3のエレメンタル・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
5/3

こいつが盤面に立っているだけで、重い《濃霧》でしかなかったはずの《不断の霞》は一転して「2マナごとに5/3生物を出すインスタント」などというトンデモカードに変貌する。ある程度のライフ減少は歯牙にもかけないEDHでも、いくらなんでもパワー5にずらずらと並ばれると普通に人が死んでしまう……そう、数奇なる巡り合わせとして、このカードは自身が否定した「コンボ要素が絡んだコンバット」のパーツとしての顔も持ち併せているのだ。
MtGの世界は広く、深い。木っ端カードであろうとも、地味カードであろうとも、諦めず探し続ければ無二の相棒がいるかもしれない。今後相棒となりうるカードが刷られるかもしれない。そんな組合せを発見した時の興奮は何事にも代え難いものだ。是非ともクソカードと十把一絡げに扱わず、個々のテキストを読み込んであげてほしい。
 
 
続くかどうかは未定。