第五回EDHカード紹介: 《島/Island》

前回ちょっと変わった切り口のものが出てきて書いてる側も感心したみんなでつくるEDHカード紹介、今回のテーマは「土地」。書きがいのありそうなテーマで紹介するのはこのカードだ。

Island / 島
基本土地 ─ 島
 
((T):あなたのマナ・プールに(青)を加える。)

Snow-Covered Island / 冠雪の島
基本氷雪土地 ─ 島
 
((T):あなたのマナ・プールに(青)を加える。)

概要

……コイツ頭大丈夫かそんなもん紹介されるまでもなく良ぉーく知っとるわ、という総ツッコミが聞こえてきそうだが、なればこそEDHに興じる諸氏に問おう。
「あなたのデッキ、基本土地何枚入ってますか?」
MtGの世界、無数のカードの中でもとびっきりにシンプルなこの基本土地というカード群。シンプルであるが故に単体のカードパワーが高いとはお世辞にも言い難く、デッキの安定性だの、単体でより強いカードの採用だのと様々な理由でどんどん採用枚数が絞られがちだ。 まあ実際基本土地ばっかりじゃ3色以上のデッキ回らないよね。 そんな基本土地の利点の再発見という感じで進めていこう。

運用

さて、それでは基本土地のメリットとは何だろう?という話になるが──はっきり言おう。「アンタップイン」かつ「ノーリスクで色マナが出る」ことだ。誓って言うがこれは何の冗談でもない。大抵の基本でない土地はこの2点において何らかのデメリットを抱えている。「単色ならば色マナの運用に余裕があるはずだ」と調子に乗って便利な土地を入れまくったら無色マナばかりが溢れて困った場面は誰しも一度くらいはあるだろうし、ゲーム中に《真鍮の都》やショックインに払った総ライフを記録してみれば意外と馬鹿にできない額になっていることに気付くはずだ。初手タップインランドで手番をパスするテンポ損など言うに及ばずである。
そして「基本である」というのも、それだけで大いに強力な点である。《血染めの月》や《大爆発の魔道士》を無視しては通れないモダン。《不毛の大地》にいいように弄ばれても文句を言えないレガシー。下の環境のプレイヤーであれば、基本でない土地がいともたやすく無力になることを思い知っているに違いない。もちろんEDHにも、その脆さを存分に攻撃するカードが存在する。

Ruination / 破滅 (3)(赤)
ソーサリー
 
すべての基本でない土地を破壊する。


《露天鉱床》という化け物カードが使えるEDHでは完全無欠とまではいかないものの、それでもなお基本土地はMtGにおいて最上級の信頼をおけるマナベースなのだ。

応用

ここまで延々と基本土地全般の話をしてきたが一応この記事の主題は島だ。というわけで特に島について語り続けるとしよう。かつて「MtG最強のカードは何ぞや?」との問いに対して、かの"導師"鶴田慶之は「山か島だな」と返したという。《不毛》はびこる往時よりも、むしろ現代の方がその回答は正鵠を射ているとさえ言えるだろう。その理由はマスクスブロックに複数収録された「島を要求するピッチスペル」群だ。

どいつもこいつも目眩がしそうなほど素撃ちもピッチ条件も重たいが、効果としては破格なものが並んでいる。一応他の色にもキャスト条件だけなら似たようなものがあるが、効果の劇的さという点では一線を画する。青いカードは青いだけで一段強いのと同様に、島であるということは、それだけで圧倒的にメリットとなるのだ。
とはいえ、これら島2枚だの3枚だのを要求する呪文は「種」の安定供給の観点からやはり青単ないしそれに準ずるデッキでの採用が主となるだろう。そこで最後に、青単にぴたりとマッチする1枚の呪文を紹介することで、この記事の結びとしたい。


Retraced Image / あと戻りの映像 (青)
ソーサリー
 
あなたの手札のカードを1枚公開する。その後公開されたカードが戦場に出ているパーマネントと同じ名前を持つ場合、それを戦場に出す。

一見してEDHの基幹ルールたる1枚制限構築とこれほど噛み合っていないカードもない。汎用カードが他人と被りやすい分「相手依存といえども軽い踏み倒しカード」として無理矢理使えなくもないが、やはりこのカードの真髄は初手島から2枚目の島を出すマナ加速にある。不純物を取り除き、唯一複数積みが許される基本土地の比率を上げるからこそ可能な動きだ。
自分のデッキに漫然と入っている強そうなカードたち。そのカードは本当にデッキに必要なのか?まずは土地の構成から、じっくりと精査してみて欲しい。きっと何かしらの新たな発見があるはずだ。