部門毎好きなカード

面白そうだったので。

名前部門(日):《とぐろ巻きブリキクサリヘビ/Coiled Tinviper》


MtG世界で一番グルーヴ感ある名前だと思う。スペックは紙of紙。

名前部門(英):《背くもの/It That Betrays》


これが格好良く無いと思う人とはお友達になれそうにない。

FT部門:《ヴェズーヴァ/Vesuva》

君がいたあらゆる場所。

単体でも詩的で素敵ということでよくFTの話題で挙げられるカードだと思うけど、《Vesuvan Doppelganger》の系譜を汲む「コピー」というテーマだったり、「君が『いた』〜」と一度訪れた場所にしかなれなかったりと、カードとしての機能とも噛み合っている細かいところが好き。

イラスト印象部門:《沼/Swamp》


Onslaught #340 Illus. Doug Chaffee
説明不要の美しさ。水面の感じが大好き。

イラスト厨二病部門、イラストエロい部門:該当なし

実はそういう目線でカードを見たことは全然無かったりする。テキスト欄ばっか見てるから。
FT厨二部門ならたくさんありそうだけども。

イラスト逸話部門:《Force of Will


《Whippoorwill》と迷ったけどこっちで。色指定間違えるとか勘違いしたとか飛んでないの伝え忘れたとかこういう牧歌的なミス好きだよ。

効果部門:《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》


呪文を打ち消す能力ってのがMtG最強のアクションだと信じる青厨がいた。FoWはもう出したので次に好きな奴で。1/1飛行とかいうクソ細いスペックもフェアリーの数の管理が大事になったりする煩雑さも何もかもが好き。
たまに消せなくてキレるのもご愛嬌。