EDH パラドックス考

Paradox Engine / パラドックス装置 (5)
伝説のアーティファクト
 
あなたが呪文を1つ唱えるたび、あなたがコントロールするすべての土地でないパーマネントをアンタップする。

霊気紛争で生まれてしまった、雑におかしい事が書いてある最高のおもちゃ。マスターピースのスポイラーで見えた瞬間にtwitterのTLが凄いことになったのは記憶に新しく、発売後1ヶ月にして禁止の呼び声も高い。綺麗に使えるデッキが一応ひとつ組めたところで、使用感の評価をしていく。

あっ。

パラドックスの使い方

「イージーウィンすぎる」「茶色なのでどんなデッキにでも入る」とは禁止派の言、さて本当にそうなのかと言われると懐疑的。パラドックスで勝つためには、

  • 盤面にある程度非土地のマナ源があって
  • パラドックス着地後にスタートするための種火(呪文とキャスト用のマナ)を確保した上で
  • うまく回せるための相方もしくはループを継続するための十分な手札

が必要になる。強いテキストではあるがあくまでも他のカードありきの代物であり、単体だとバニラファクトでしかなく、取り回しに難儀するカードであると評さざるをえないだろう。
ただ漫然とカードを選択したならば、パラドックスで勝てたゲームは、きっと代わりに他のコンボを使っていても勝てたはずのゲームだ。特定のジェネラルにおいて採用コンボの相性の良し悪しはあっても、それはEDHにおいて避けて通れない現象である。すぐに思いつくところで生き埋めウーズと相性の良い原形質、バサルトブライトと相性の良いサーダアデールやウーナ、変身暴君と相性の良いタシグル。これらの例とシッセイやアーカムパラドックスと相性が良いのは全く同じだ。

パラドックスの評価

前段で既存のコンボ系ジェネラルとの類似を挙げたが、構造だけではなくカード単体の性質としても似ている。ある友人はパラドックスを「強い金粉の水蓮」と評し、それはかなり良い線を突いていると思うが、より近いカードとしては《ブライトハースの指輪》あるいは《潮吹きの暴君》だろう。
下準備が必要で、単体ではほぼバニラで、間違いなく勝ち手段なのにいざ勝つその時まではずっとライブラリーや手札で腐り続け、かといって先置きしてターンを返したりしようものなら危険度が知れ渡っているため3人がかりで潰される。最悪のパターンだとコピーやコントロール奪取によって相手が勝ってしまったりする。
総じて言えるのは、既存の様々なコンボ専用カードよりも突出して強いと言い切れる部分は一切ない、ということだろう。

つまり何が言いたいかというとだな

パラドックスとかどうでもいいからむかつきをいい加減なんとかしよう(切実)